Skip to content

マイクロスコープ治療・歯医者の魅力について

医療技術の進歩により、最新技術を使ったマイクロスコープを取り入れた歯医者もあります。

マイクロスコープを使用することにより、これまで経験や勘を頼りに行ってきた歯の治療も、より正確に高度な技術で出来るようになったと言われています。実際に目でみるよりも、マイクロスコープをとおして治療することで、拡大されてはっきり見えるので、治療法の短縮にもつながるし、より正確に治療を行うことができると言われています。拡大することで、歯医者では歯の内部まで、見ることができ、これまでは細かくて難しかった治療も行えるようになりました。

マイクロスコープを取り入れた治療を行っている歯医者は、日本ではまだ普及率が低いと言われています。1990年代から歯医者でも認められるようになりましたが、現在、歯医者でマイクロスコープを使用しているのは、全体の2%から3%とも言われています。

歯を拡大して治療を行うことで、虫歯の部分を最小限に削ること、悪い部分を最小限に取り除くことで、自分の歯をなるべく残したままの状態で、治療が可能になります。自分の歯をできるだけ残すこと、最小限の治療にとどめることは、大切だと言われています。歯の細かい内部までみることで、治療も高い効果が期待でき、歯科医の技術も必要になるでしょう。歯の治療の際には、歯科医選びも大切です。経験と技術の高い医師のもと、納得のいく治療法で安心できる歯科を選び、治療を続けましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *