Skip to content

歯医者が使用するマイクロスコープという歯科顕微鏡

全国各地には、あわせて6万を超える歯科医院があり、患者さんに歯の治療を提供しています。

この6万を超える歯科医院のなかで、およそ5%にあたる3000台ほど導入されているのが、歯医者さんの使用するマイクロスコープという、歯科顕微鏡になります。この、歯医者さんが使用するマイクロスコープは、最大で20倍の大きさに拡大した、歯の患部をみることができますので、精度の高い治療を患者さんに提供することが可能となっています。歯医者さんが、マイクロスコープを使用して治療をする場合は、自費治療にあたりますので、患者さんの治療費の負担が大きくなります。

歯科医院の中には、保険内の治療にも歯科顕微鏡を使っているところがあります。早い段階で虫歯を発見することができたり、詰め物や被せ物をするために歯を削って整える時には、必要最小限に留めて歯を削ることができます。また、神経の治療をする際には、精度をあげることができますので、最善の歯の治療を患者さんに提供することとなります。

すべての歯科医院に導入されてはいませんが、歯医者さんによってはマイクロスコープによる治療を、保険治療のなかで行っていて、患者さんに質や精度の高い歯の治療を提供しているところがありますので、足を運ばれてはいかがでしょう。患部を最大20倍に拡大してみることができますので、的確な歯の治療ができて、患者さんに与える痛みを最小限にすることができるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *