Skip to content

歯周病の進行を抑える歯周病治療

歯周病は自覚症状があまりない病気です。

ですので、もしも自分が歯周病になっていたとしても歯周病に気付かずに歯周病に進行が進んでしまい、歯を失ってしまうことも十分に考えられます。歯周病になったとしても適切な歯周病治療を行うことにより、歯周病の進行を抑えることが可能になります。歯周病の進行を抑えることによって、歯が抜けたりしなくなるので、年を取っても自分の歯で美味しく食事をすることが可能になります。

ですので、歯周病の早期発見のためにも歯科検診などを付けることが大切になってきます。歯周病治療を受けるにあたり、歯周病治療に基本になってくる治療があります。それは、プラークを取り除く治療です。このプラークは、歯周病の原因にもなるので、このプラークを取り除かないと外科治療を受けたとしてもまた元に戻ってしまうことになってしまうので、非常に大切な治療になっています。

そして、歯周病治療の次に行うことになる治療が外科治療です。この外科治療では、基本治療では取りきることのできなかったプラークだったり、歯石や歯周病で溶けてしまい、凸凹になってしまった骨の形を整えていきます。そうすることにより、プラークコントロールをしやすい形にしていきます。また、このときに状態の悪い歯がある場合、他の歯に悪い影響を与えることもあるので、悪い影響を与えないために抜歯することになります。このように歯周病治療を行えば、歯周病の進行を抑えられますが、治療をした後にはしっかりとメンテナンスをすることも非常に大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *