Skip to content

歯周病の進行を抑えるための歯周病治療

歯周病の進行を抑えるためには必ず歯医者へ行って歯周病を治療を受ける必要があります。

歯周病になってしまっているのに歯医者にも行かずに歯周病をそのままにしてしまうと歯周病の進行は当然どんどん進んでしまうことになります。そして、歯周病の進行が進んでくると歯が抜けてしまうなどの原因を作ってしまうので、歯周病になってしまったら必ず歯医者へ行って治療を受けるようにしましょう。歯周病治療では、基本治療となる治療があります。それは、歯周病の原因の一つでもあるプラークを除去していく治療です。

このプラークを除去していく治療は、歯周病治療の最も基本的な治療となっていて、この基本的な治療を行わない限りは、いくら外科治療を受けたとしても元に戻ってしまうので、重要になってくる治療です。そして、プラークを除去する治療が終わったときに外科治療に入っていきます。外科治療では、歯周病が進行してしまったことによって変形してしまった骨の形を整えてプラークコントロールがしやすいようにしていきます。

歯周病は、歯周病治療をしたからといって元の正常な状態に戻るわけではありません。ですので、健康なお口の状態を維持していくためにもメンテナンスを行うことが必要になります。このメンテナンスをサボっているとまた歯周病が進行してしまい、歯周病治療を受ける必要が出てきたり、場合によっては、歯が抜けてしまうなどの症状が出てきてしまいます。ですので、メンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *