Skip to content

歯周病治療の第一歩はまず禁煙から

歯周病治療には、まず禁煙が第一だと思います。

喫煙は身体にさまざまな影響を与えることがわかっていますが、歯茎にも良くないことはあまり知られていないのではないでしょうか。そもそも有害だと言われている煙草の煙が、最初に身体に入るのは口の中です。煙草の影響を受けると、歯周病が進んでも歯茎の炎症や、出血などの症状が出にくくなってしまいます。これは症状が軽いということではなく、免疫力が低下しているために、外敵に対して防御できていないだけなのです。症状がでなければ病状に気付きにくく、治療も遅れてしまいます。

歯周病治療を始めるのなら、まずは禁煙をして、定期的に歯科クリニックに通うことが大切です。歯の生え方、虫歯など口の中の健康状態、今までどんな治療をしてきたかなど、歯と歯茎の状態は人それぞれ皆違っています。それをトータルで管理して、指導してくれる、医師によるサポートが必要なのです。その人にあった正しいブラッシングの方法や、歯ブラシや歯間ブラシの選び方、持病があれば、その人にあった治療法など、自分ではわからないことが本当はたくさんあるのです。

それを相談できる、信頼できる歯医者さんを見つけることが、治療の一番の近道かもしれません。歯科クリニックでは、歯周病治療として、歯と歯茎の間のお掃除、歯周ポケットの検査、歯の着色汚れのクリーニングなどを勧めています。定期的にプロのケアを受けることで、虫歯を予防できたり、歯周病の進行状態を把握することも可能です。いつまでも自分の歯で食事を楽しむためにも、ぜひ一度歯科クリニックで相談されることをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *