Skip to content

歯を失う原因として最も多い病気の歯周病治療

歯周病は日本人の成人の80%がかかっているといわれています。

そして、歯を失ってしまう原因として最も多いのがこの歯周病になっています。歯周病は、プラークにより、歯の周りの骨が溶けてしまい、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりしてしまい、最終的には歯が抜けてしまう病気になっています。歯周病は、初期の段階では症状がほとんど無いので、自分でも気付かないうちに歯周病の進行が進んでいる場合があります。歯周病によって、溶けてしまった骨を回復させるためには、外科的な歯周病治療が必要になってきます。

また、歯周病治療を受けたとしても回復することができないこともあります。20代後半から始まってくる歯周病に対してどうすれば歯周病にならないのかや歯周病の進行を止めることのできる知識を持ってそれを実行することにより、歯周病に悩まされなくても済むようになります。歯周病は常にプラークとの戦いになります。

歯周病治療の基本治療となっているのが、このプラークを取る治療になっています。プラークを取り除かない限りは、どんな治療を受けたとしても全てが台無しになってしまうほどプラークを取り除くことは大切な治療になっています。プラークを取り除く他にも自分でプラークを取る力や歯石を取ることによって、プラークコントロールがしやすい環境になるようにしていきます。歯周外科で行うのが、歯周病が進行してしまったことによって、変形した骨の形を整え、プラークコントロールがしやすい形にしていく治療になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *