Skip to content

自宅でのプラークコントロールも大切な歯周病治療

歯周病は、口内の菌が歯と歯茎の隙間に入り込み、徐々に隙間を広げながら(歯周ポケット)中に入り込んでいくことで起こる病気です。

症状が進行すると、歯茎が腫れたり、簡単な刺激で出血したり、膿ができたりします。さらに進行すると、歯や歯の根っこにある骨を溶かしてしまい、歯が抜けるといった事態になります。以前は歯周病は治らない病気と言われていましたが、歯周ポケットを壊し、丹念に中の菌を取り除いていくと直ることも分かってきています。また、抗生物質を用いた歯周病治療法など、新しい方法も生まれてきています。

しかし、歯を溶かすところまで進行した歯周病を治すのはかなり難しいため、歯周病と分かったら初期の内から歯周病治療することが大切です。歯周病の原因菌は非常に弱い菌ですが、菌の周りを粘膜などで覆ってしまうため、簡単な消毒では菌を取り去ることができません。

また、歯科医の治療は有効ですが、毎日治療に行くこともできないので、自宅でのプラークコントロールも歯周病治療の重要な要素となります。プラークコントロールとは、簡単に言えば歯磨きになります。強く磨くのではなく、歯周ポケットや歯の隙間のプラーク(歯垢)を常にきれいに取り除くことで、菌が繁殖しにくい口内環境が作られていくので、マメに歯磨きを行うことと、丁寧な歯磨きを行うことが有効です。また、前述の通り、歯周病の原因菌は非常に弱い菌です。なので、自分自身の免疫力を保つことは特に歯肉炎などの予防に効果的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *