Skip to content

歯周病の進行を抑えるためには歯周病治療

歯周病は歯を失う原因として最も多い病気ですが、この歯周病は自分が歯周病になっていたとしても自覚症状というのがほとんどないので、歯周病になっていることに気付かずに歯周病の進行をどんどん進めてしまうことが多いです。

それだけ歯周病は怖い病気ですが、この歯周病は歯周病治療をすることによって歯周病の進行を抑えることができるようになっています。歯周病治療で最も大切になってくるのが、プラークを落とすことです。ですので、歯周病は常にプラークとの闘いになっています。

また、歯周病の基本治療がこのプラークを取り除く治療となっていて、プラークを取り除かない限りは、どんな外科治療を受けたとしても元に戻ってしまうので、プラークを落とすことは最も大切な治療になります。プラークを落とす治療が終わると次の治療は外科治療になってきます。外科治療では、歯周病で解けている骨の形を整えていきます。そうすることによってプラークコントロールがしやすくなってきます。

また、このときに状態の悪い歯がある場合、他の歯に悪影響を与えてしまう可能性が高くなってしまうので、状態の悪い歯抜歯することになります。抜歯することによって、他の歯に悪い影響を与えなくなります。歯周病治療が終わった後も大切なことがあります。それは、日々のメンテナンスです。このメンテナンスを怠ってしまうとせっかく歯周病治療をして歯周病の進行を抑えたとしてもまた歯周病を進行させてしまいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *